スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼探し物はこちらからキーワード検索できます▼


英語会話の上達法

ネガディブスピーカーの音声を聞くことが、英語会話の第1歩ではないでしょうか。

英会話スクールに行くのが王道だとは思いますが、費用の面では少し高価です。

費用を抑えながら進めていくのならば、ラジオなども良いと思います。

教材としておすすめなのは、エブリバディイングリッシュパーハプスです。

返金保証付きなので安心してお試しできるのが良いです。

▼探し物はこちらからキーワード検索できます▼


スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : 英語の上達法

TOEFL 対策

TOEFLは、アメリカやカナダへ留学する学生の必須項目で

その得点で留学先の大学を決めることになります。

言わば語学力を判定する材料となるため、学生はTOEFLの得点を上げるために勉強します。

では、そのためにはどのような勉強法が効率的でしょうか。

           

基本的に、TOEFLはTOEICと似たような勉強法でよいと思います。

TOEICで人気の教材はこちらです。

『耳で聴き、目で慣れること』が重要な鍵となります。

例えば、リーディングマラソン。これは私の通った大学では

実際に課外授業で組み込まれていたプログラムでした。

教授から簡単な英字新聞や雑誌の記事を毎日、手渡しされとにかく読むんです。

慣れることで読解力を身につくのです。

それから、リスニング強化として、流れる音声を聴きながら記事を目で追うような勉強法もありました。

留学することになれば、毎日が英語での生活となります。

そのため、TOEFLで自身の英語力を判定する訳ですが

その勉強法はやはり、留学生活を意識したものでなければ意味がないと思います。

よって、勉強法は『耳で聞き、目で慣れること』をメインとした

生活環境の“意識付け”からはじめる事となるでしょう。

そこに、特別な勉強法はないと思いますが(強いて言えば)

TOEFLやTOEICの勉強法(要点)として、前置詞を重視したほうがいいと言われています。

簡単に受け流しそうなイメージのある前置詞ですが、

実はその使い方によってはたいへん苦労するらしいのです。

前置詞を意識したリスニングやリーディングを

何度も何度も繰り返すことで、TOEFLの得点はあがってくるはずです。


▼探し物はこちらからキーワード検索できます▼


テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

tag : TOEFL 対策

TOEFL iBT対策」の先頭へ
  • seo
楽天ウェブサービスセンター
おすすめ
カテゴリ
リンク
最新記事
ランキング
ブログランキング





SEOSEOツール
RSSリンクの表示


QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。